プーリング | KPMG | JP

プーリング

プーリング

プーリングとは、取引銀行に開設したマスター口座にグループ各社の資金繰りを集中させることを指し、グループ企業各社間で資金を融通し合うことが可能となります。

関連するコンテンツ

グループ内の資金融通に参加する各社は、窓口として銀行に「プーリング口座」を設定する必要があります。プーリング口座の残高がプラスの企業は統括口座に資金を集中し、資金需要が多く、プーリング口座がマイナスの企業には統括口座から資金を配分し、外部からの借り入れを抑制します。統括口座が資金不足になれば銀行から借り入れを行います。

プーリングを導入するまで、各社は安全のため資金を多めに持つ傾向にありますが、プーリングにより余分な資金を持つ必要はなくなり、資金の効率化を図ることができます。また資金調達と運用の一元化で金利面での優位性も確保できるようになります。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信