リスクオーナー制度 | KPMG | JP

リスクオーナー制度

リスクオーナー制度

リスクオーナー制度とは、リスクマネジメントのための組織体制の一要素であり、経営レベルにCRO(Chief Risk Officer:最高リスク管理責任者)を設置するとともに、CROの指示を受けて、個別のリスクごとに実務的な管理を行うリスクオーナー(リスク管理責任者)を配置するものです。

関連するコンテンツ

リスクオーナーは、あるリスクに対する全社的な内部統制の構築・運用の責任と権限を有しています。もしもリスクが、業務プロセスから生じるものでない場合、複数の組織や業務プロセスが共通的に関係している場合、あるいはリスク管理に高い専門性が必要となる場合(例えば、税務リスク、法務リスク、市場リスク、ITリスク)等、リスクオーナーは、企業における全社的リスク管理のコントロールタワーとして機能することとなります。

リスクマネジメント上の利点

企業グループに様々なリスクが散在する今日、経営者にとっても、リスクの切り口で責任の所在を明確にしておくことは、リスクマネジメント上、大いに有用であると考えられています。

リスクオーナーが明確であれば、プロセスオーナー制度と同様に、内部統制上の利点が多くあります。

その利点を最大限に生かしていくためには、リスクオーナーが管理対象とするリスクに係る現場レベルの内部統制に関し、各部門・グループ各社がそれらの設計・構築を行う場合、リスクオーナーは事前評価に関与するとともに、運用前にその承認を行うことが必要になってきます。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信