オペレーショナルリスク

オペレーショナルリスク

オペレーショナルリスクとは、狭義には、(1)事務ミス、システム障害等により、損失を被るリスクを指し、広義には、(2) (1)のほか従業員の不正、コンプライアンス体制の不備、災害等によりオペレーションが中断して被る損失、さらにそれらに伴う評判低下、訴訟等を受けるリスクのことを指します。

関連するコンテンツ

事務処理のミスによる損失、法令・規制違反、システムリスクなどのオペレーショナルリスクのマネジメントに不備がある場合には、市場からの撤退を余儀なくされる危険性があります。

オペレーショナルリスクの顕在化を未然に防止したり、顕在化したリスクを早期発見・処置できるようなコントロールプロセスを構築し、マネジメントすることが企業存続、ビジネス拡大における重要な要因の一つとなります。

オペレーショナルリスクマネジメントは業種によらず重要ですが、特に金融機関については、BIS(国際決済銀行)がオペレーショナルリスク管理のガイドラインを発表し、金融庁が金融検査マニュアルの中で事務リスクを管理すべき重要なリスクの一つと位置付けたことにより、より重要度が高まっています。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン