「監査における不正リスク対応基準」の概要について

「監査における不正リスク対応基準」の概要について

企業会計審議会は、2013年3月26日に「監査基準の改訂及び監査における不正リスク対応基準の設定に関する意見書」を公表しました。当意見書の公表を受けて、翌27日には、金融庁から「財務諸表等の監査証明に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」が公表され、2014年3月期の上場企業等の金融商品取引法の監査から適用される見込みです。

関連するコンテンツ

本稿では、当意見書のうち、新たに設定される監査における不正リスク対応基準に焦点をあてて、その設定の背景やねらい、監査実務に及ぼす影響について、概説します。

内容

  1. 不正リスク対応基準制定の背景と審議の過程
  2. 不正リスク対応基準の概要
  3. 不正リスク対応基準の適用対象と適用時期他
  4. 今後に向けて

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
パートナー 住田 清芽

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン