ERP(統合基幹業務システム) | KPMG | JP

ERP(統合基幹業務システム)

ERP(統合基幹業務システム)

ERPとは本来的に、経営資源(ヒト、モノ、カネ)を、従来のような各業務レベルではなく、企業全体で最適配分し、有効活用することで、効率的な経営スタイルを目指すという経営概念を意味し、一般的には、上記を目的とし、販売・生産・物流・財務などの企業活動全般にわたる業務を全社的に(含むグループ企業)統合した企業情報システムのパッケージ・ソフトウェアを指します。

関連するコンテンツ

単にERPと言われる他、ERPパッケージ、ERPソフトまたは統合業務パッケージと言われることもあります。個人のパソコンで処理されるものから大規模なデータベースを利用するもの、インターネット等の外部との接続を必要とするもの、またASP等機能そのものを外部委託した(アプリケーションを購入するのではなく、利用した分だけの使用料を払って使用する)ケース等利用範囲とその方法は様々になります。

従来の企業情報システムは、「各業務毎に構築」し、「業務に合わせてシステムを設計する」のが通常でしたが、ERPパッケージにおいては「業務横断的」に導入し、「業務をシステムが提供するベストプラクティスに合わせる」必要があるのが大きな特徴です。複数言語や通貨への対応可能である点、将来における新機能や会計・税務制度の変更等に対してバージョンアップで比較的容易に対応可能である点も特徴として挙げられます。

ERPは、内部統制(IT統制の実現)を支援する標準機能が提供されております。IT業務処理統制として各業務プロセスの中で想定されているものは以下のようなものがあります。各モジュール間の自動連携、処理の異常や例外状況の検知機能、入力チェック、入力データの承認機能、SoD(職務分掌)、操作履歴などログ管理機能、セキュリティ機能等があります。ERPの標準機能をうまく活用することにより業務の有効性・効率性の向上や内部統制レベルの向上を図ることが期待されています。

最後に、導入成功のキーポイントとしては、1.CIO(情報戦略統括役員)を中心とした、経営の強力なリーダーシップが必要であり、部門横断的なプロジェクトを編成して進めること。2.ERPのメリットを享受するためには、一部システム(モジュール)の導入ではなく、全面的なシステム導入を前提とするが挙げられます。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信