レポ取引(貸借取引、現先取引) | KPMG | JP

レポ取引(貸借取引、現先取引)

レポ取引(貸借取引、現先取引)

貸借取引とは株券や債券等の証券と担保としての資金を相手方と交換し、一定期間経過後に元の証券と同銘柄、同数量のもの(または資金)を返還する取引のことをいい、また、現先取引とは債券を売戻す(または買戻す)条件付での売買のことをいいます。これら貸借取引と現先取引には貸借か売買かといった法的形式の違いはありますが、両者の経済的実態は基本的に同一であるため、両者を総称して単にレポ取引と呼ぶことがあります。また、貸借取引の中には上記の現金担保付取引以外にも代用有価証券担保付取引(証券と証券を交換する取引)や無担保取引(証券のみを貸借する取引)と呼ばれる取引が行われることもあります。

関連するコンテンツ

レポ取引において、証券の借手(資金の貸手)は借り入れた証券に対する貸借料を支払い、担保として差入れている資金に対する金利を受け取ることになります。また、証券の貸手(資金の借手)は貸し付けている証券に対する貸借料を受け取り、受け入れている資金に対する金利を支払うことになります。上記の担保金の利率から貸借料率を差し引いたものがレポ・レートと呼ばれますが、レポ・レートは、通常、正の値を取ることとなります。

レポ取引は主に特定銘柄の調達目的、または証券を担保とした資金の調達目的として用いられています。

特定銘柄の調達を目的としたレポ取引の例として、金融機関等が証券市場において証券を空売りした場合に、買い方へ証券の引き渡しを行うためにレポ取引を用いてその銘柄を調達することが挙げられます。このように特定銘柄の調達を目的としたレポ取引はSC(Special Collateral)取引と呼ばれることがあります。

証券を担保とした資金の調達目的のレポ取引の例として、金融機関等が保有している国債等の証券を担保として短期の資金調達を行うケースが挙げられます。証券を担保とすることで、資金の取り手は担保を差し出さない場合と比較し低利での資金調達が可能となり、資金の出し手は証券を担保として受け入れることで相手方の信用リスクを削減し安全に余資を運用することができます。このような資金の調達を目的としたレポ取引はGC(General Collateral)取引と呼ばれることがあります。GC取引は資金の調達に主眼が置かれているため、対象となる証券は担保として適格であればよく、銘柄は特定されないことになります。

レポ取引市場はコール市場を上回る規模で推移することもあり、短期金融市場における重要な資金調達・資金運用手段となっています。証券会社、銀行をはじめとした様々な金融機関や一般事業会社に広く普及している取引であると言えます。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信