電子帳簿

電子帳簿

平成10年3月に「電子帳簿保存法(電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律)」が制定され同年7月より施行されました。この「電子帳簿保存法」に規定する要件を充足すれば、従来のように国税関係帳簿書類を紙ベースで保存する必要がなく、電磁的記録(電子データやCOM)での保存が認められることとなりました。

関連するコンテンツ

「電子帳簿保存法」に準拠して既存システムを改善したり、新規に電子帳簿保存システムを開発・導入することにより、帳簿保管コストの大幅な削減や利便性の向上が期待できます。導入時に考慮すべき点としては、「電子帳簿保存法」の要件充足を行うためのコストのみならず、電子帳簿を管理する新たな体制を構築するコストや新たな管理手続を実行するためのコストがかかることが挙げられ、電子帳簿の導入により真のメリットを享受するためには、戦略的な観点から導入目的を決定した上で、実行に移すことが必要です。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン