ベンチマーキング | KPMG | JP

ベンチマーキング

ベンチマーキング

ベンチマーキングとは、経営の抜本的改革を進めるため、業種・業界・国籍にこだわらずに優れたパフォーマンスを実践している企業、部門等(ベストプラクティス)との比較・分析から自社の問題点を明確にして変革を実現する方法のことをいいます。比較する指標(ベンチマーク)を用いることにより、現状を客観的に把握し、改善についての具体的な目標を与えることができます。

関連するコンテンツ

ベンチマーキングを実施するにあたっては、最適なベンチマークを選択することが最重要ポイントとなり、このため、多くの候補を比較・検討したうえでベンチマークを決定することが必要となります。

ベンチマーキングの種類

1.社内ベンチマーキング:

社内の他の事業部などを比較対象とする。

2.競合企業ベンチマーキング:

同業他社を比較対象とする。

3.業務部門ベンチマーキング:

他業界の同一部門を比較対象とする。

4.包括的ベンチマーキング:

業界・業務に限らず、広く比較対象を選定する。

ベンチマーキングのメリット

  1. グローバルな競争が激化するなかで、業界内の比較だけでなく、業界外のトップレベルのパフォーマンスと比較することにより、現状の競争力とのギャップを認識できる。このため、企業内の継続的なパフォーマンス向上努力に刺激を与えることができる。
  2. 現実に存在するベストプラクティスに学ぶために、達成可能かつ高い目標設定ができる。
  3. ベストプラクティスを導入することによって、改善すべきプロセスを明確にでき、変革を加速できる。
  4. 事実に基づくため、変革を行う場合に社内のコンセンサスを得やすい。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信