中国子会社のこれからの管理 第2回

中国子会社のこれからの管理 第2回

「中国子会社の位置付けの再検討」を迫られている状況においては「中国子会社の現状(管理状況と問題点)を正確に把握しておくこと」が的確な経営判断のためには大切です。「中国子会社の設立、購買、販売、撤退」等の経営プロセスの局面ごとに、「中国の会計、税務、ITシステム、リスク管理」の視点を組み合わせた整理を試み、「これからの中国子会社管理の方向性」を考えます。

関連するコンテンツ

7月号(KPMG Insight Vol.1/Jul 2013)の第1回では「会計、税制の全体像」、「会社設立時・新規連結時」および「購買・在庫管理時」の留意点を取り上げました。第2回目となる本稿では、「販売・与信管理」および「資金・固定資産管理」、「工場移転・持分譲渡・撤退時」の留意点について取り上げます。

内容

  1. 販売・与信管理時の留意点
  2. 資金・固定資産管理時の留意点
  3. 工場移転・持分譲渡・撤退時の留意点
  4. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
GJP部 中国事業室
シニアマネジャー 増田 進

IT監査部
マネジャー 一ノ瀬 光裕

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
ディレクター 足立 桂輔

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン