ローン・パーティシペーション | KPMG | JP

ローン・パーティシペーション

ローン・パーティシペーション

貸出債権に係る債権者と債務者間の権利義務関係を移転・変更せずに、原貸出債権に係る経済的利益とリスクを原債権者から参加者(ローンの購入者)に移転させる契約のことです。

関連するコンテンツ

原債権者は買戻し条件がないこと、原契約と同一の条件を参加者に引き継がせることなど、一定の要件を具備すれば、債務者に通知することなく貸出債権のうちの参加割合に相当する部分をオフバランス化することができるため、金融機関の貸出債権流動化における主要な手法として利用されてきました。

2000年4月より適用されている新金融商品会計基準では、金融資産のオフバランス化要件のひとつ「譲受人の権利が法的に保全されていること」を挙げています。ローン・パーティシペーションでは債務者に対して参加者の存在が知らされないため第三者対抗要件を具備しておらず、原債権者の倒産時に参加者の権利が保全されないおそれがあり、したがってオフバランス化要件を満たさないことになります。しかしながら広く利用されてきた実情を考慮して、ローン・パーティシペーションのオフバランス化は一定の要件を具備することにより、現在でも経過措置として認められています。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信