確定給付型年金 | KPMG | JP

確定給付型年金

確定給付型年金

給付額があらかじめ年金規約に決められた方式で計算される制度で、わが国では厚生年金基金・適格年金・確定給付企業年金が該当します。決められた給付を行うために一定の運用利率(予定利率)を見込んだ上で必要な掛金を計算し拠出する仕組みであり、当初の計画と実態とに乖離が生じれば掛金が増減します。

関連するコンテンツ

昨今の運用環境の悪化により、予定した運用利率が達成できないことから、給付に必要な積立金を確保するために掛金の引上げが必要になっており、予定利率の引き下げや代行部分の返上など様々な見直しが行われています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信