ブラジルへの人員派遣に係る個人所得税等 | KPMG | JP

ブラジルへの人員派遣に係る個人所得税等

ブラジルへの人員派遣に係る個人所得税等

世界経済の牽引役であるBRICsの1つとして挙げられているブラジルは、豊かな国土を背景とした鉱物資源・農産物の順調な輸出や、来年開催予定のサッカー・ワールドカップ、2016年開催予定のリオデジャネイロ夏季オリンピックを控え、近年、日本から派遣される人数も増加傾向にあります。人員派遣に伴って、まず問題となるのは、その派遣者に係る個人所得税等の取扱いです。

関連するコンテンツ

本稿では、皆様方の理解の一助となるべく、法令の試訳をベースに、ブラジルの個人所得税について、納税義務者、課税総所得、免税・非課税所得項目、課税所得の控除項目、申告方法、計算方法、税率、更正・罰金・遅延利息および実務上の考察について解説します。なお、相続関連、事業所得および農牧畜業従事者(Atividade Rural)の規定については解説を省略します。

内容

  1. はじめに
  2. 納税義務者
  3. 免税・非課税所得項目
  4. 課税所得の控除項目
  5. 申告方法
  6. 計算方法
  7. 税率
  8. 更正・罰金・遅延利息
  9. 実務上の考察

執筆者

KPMGブラジル サンパウロ事務所
シニアマネジャー 赤澤 賢史

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信