IASB、公開草案「保険契約」を公表 | KPMG | JP

IASB、公開草案「保険契約」を公表

IASB、公開草案「保険契約」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は2013年6月20日に、公開草案「保険契約」を公表しました。本公開草案は、IASBが2010年に公表した公開草案「保険契約」に対するコメントを踏まえ、米国財務会計基準審議会(FASB)と共同で審議を重ねた結果として再公表されたものです。保険契約の会計処理について原則主義に基づく単一の基準書を策定することにより、財務情報の透明性を改善し、会計処理のばらつきを削減することを目的としています。

関連するコンテンツ

本公開草案は、保険契約に関する規定案のすべてを含んでいますが、IASBは、2010年公開草案からの重要な変更点である以下の内容(内容1・2:測定アプローチの改善、内容3・4:新しい表示アプローチの提案、内容5:移行アプローチの見直し)について、及び提案の費用対効果、並びに提案内容の明瞭性についてのみコメントを募集しており、その他の論点については再審議を予定していません。本公開草案に対するコメントの締切りは、2013年10月25日です。

内容

  1. 将来の保険カバー及びサービスに関連する将来キャッシュフローの現在価値の見積りの変動について、契約上のサービス・マージンを調整
  2. 裏付け資産の運用益により直接的に変動すると予想される履行キャッシュフローを、裏付け資産の測定及び表示と整合的な方法で測定及び表示
  3. すべての保険契約について、保険契約収益及び発生保険金等の情報を表示
  4. 割引率の変動に起因する保険契約負債の変動は、その他の包括利益(OCI)に含めて表示
  5. 原則として遡及適用。遡及適用が実務上不可能な場合は、契約上のサービス・マージンを見積りにより算定

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信