日本企業の海外事業管理を支えるリスク管理・経営管理の向上の取組み 第2回

日本企業の海外事業管理を支えるリスク管理・経営管理の向上の取組み 第2回

近年は多くの企業において海外における事業比率がますます高まってきたことや、海外拠点の増加に伴い各国、特に新興国において類似する経営管理上の課題が顕在化してきたこと、あるいは内部統制報告制度等により本社による海外子会社に対する統制を強める必要があること等の背景により、海外事業に対して本社が積極的に管理することや、環境変化に合わせてその管理水準を高く維持することが強く求められている、といえます。

関連するコンテンツ

その実現のためには、これまで多くの日本企業の本社が持っていた「海外のことは日本ではわからない」という発想を捨て、場合によっては孤軍奮闘している現地子会社の経営管理/リスク管理を後方支援するという意識を強く持つことが重要です。そのために海外拠点のリスク情報の的確な収集や、収集した情報に基づく現地への助言・監督という活動が求められます。
このような背景を踏まえ、本稿では、より中長期的な視点に立って、実際にグループ全体での海外リスク管理の取組みを進めるにあたっての重要な2つの着眼点、すなわち「海外進出時のリスク管理」と「グローバルサプライチェーンのリスク管理」について解説します。

内容

  1. 海外進出時のリスク管理
  2. グローバルサプライチェーンのリスク管理

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
ディレクター 足立 桂輔
シニアマネジャー 津田 圭司
シニアマネジャー 森本 正一

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン