環境効率 | KPMG | JP

環境効率

環境効率

環境効率(eco-efficiency)は、より小さな環境影響でより大きな価値を創出する目的で財務パフォーマンスと環境パフォーマンスを関連付けるという考え方であり、World Business Council for Sustainable Development(WBCSD)が1991年に提唱し、これまで推進されてきました。

関連するコンテンツ

環境効率を測定するための指標は、通常、「1単位あたりの環境負荷(例えば、CO2排出量)」あたりの「製品やサービスの価値」として表わされます。なお、環境効率は、「生産ライン、製造事業場、企業全体、個々の製品、市場セグメント、経済全体など、異なる対象について測定することが可能である」とされています。

類似する概念として、Schmidt-Bleekの提唱するMIPS(Material Input Per Service unit)があります。MIPSは、「1単位のサービス」あたりの「資源消費量」を表す概念であり、ライフサイクルを通じて消費される全物質の重量の合計を一定のサービス単位で除したものとして計算されます。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信