クラウド | KPMG | JP

クラウド

クラウド

クラウドとは、クラウドコンピューティングの略である。従来は企業や個人といった利用者側で、H/W(ハードウェア)、S/W(ソフトウェア)、データ等を保有し、管理していた。これに対して、クラウドでは、利用者がインターネットを介して、クラウドサービス提供者(CSP:Cloud Service Provider)より、システムに纏わる様々なサービスが提供され、利用者は、利用した分だけ料金を支払う仕組み(従量課金)を基本とする。

関連するコンテンツ

また現在も日々進化するITサービスの新しい形態である。

昨今では、国内外の大手ベンダーが参入しつつあり、普及・定着期へ入ろうとしている。クラウド利用の際には、その特徴をよく理解し、自社のIT戦略との整合を踏まえ、適用業務や用途に応じたサービス・実装モデル、CSPを適切に選定する必要がある。

クラウドの主な魅力とサービス利用上の留意点

1.コストダウン

CSPが提供するクラウドサービスを利用することで、H/WやS/W、その他の設備等を購入・運用せずに済む利点がある。また、標準化されたサービスをマルチテナント方式で提供されることが多く、こうしたサービスを利用することで、コスト削減が可能となる場合がある。但し、導入コストや利用者教育、OSのバージョンアップ対応等に係るコスト等を考慮した上で、自社のIT戦略に合ったCSPやクラウドサービスを選定することが肝要である。

2.スケーラビリティ

クラウドを利用することで、ITにかかるサービスやリソース調達が迅速になり、またニーズに応じた柔軟なリソースの割当が可能になりつつある。これにより急激なトランザクションの増加等、システムへの突発的な負荷増大時にも柔軟に性能や機能を向上させることができる。但し、CSPやクラウドサービスの利用の際には、SLA等の契約を急がず、自社のIT戦略との整合性、提示した要件への対応力等を委託元が主体的、且つ慎重に見極めることが肝要である。

3.事業継続計画(BCP)

クラウドサービスを利用することで、サーバ等のIT機器の数を物理的に減らすことができ、IT資産の保管リスクの分散が可能となる場合がある。但し、地政学的リスク、国内外の法規制等を踏まえたデータ保管場所の選定や有事におけるネットワーク環境の確保、自社の業務継続計画に適合しているかを事前に分析して、CSPやサービスを選定することが望ましい。

4.内部統制の観点

CSPにおけるクラウドサービス(プログラム等)の構築・変更や運用が適切な内部統制のもとに実施されているかを、契約締結前、且つサービス開始後も定期的に確認できる態勢となっているかを確認することが重要である。また、既存システムにおけるIT全般統制やIT業務処理統制の基準を満たしているか、委託元の規程類やマニュアルが新たなサービスに合わせて適宜変更されているかを確認する等、が考えられる。またISAE3402や保証実務委員会報告第82号等と保証を得ているCSPを選定することも、自社のリスクを分散する手法である。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信