業種別アカウンティング・シリーズ II 7.エネルギー・資源事業の会計実務

業種別アカウンティング・シリーズ II 7.エネルギー・資源事業の会計実務

本書は、業種別に業界の動向から会計処理、監査上のポイントまでを詳しく解説する、「業種別アカウンティング・シリーズ II」の第7巻です。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書では、我が国の代表的なエネルギー・資源事業である「電力業」「ガス業」「石油業」について、市場の動向や事業の特徴、関連法規、会計処理、監査上の留意点等について解説しています。

会計処理では、固定資産関連、収益関連、原価関連等の主要プロセスごとに設例を用いて具体的な処理を詳説しています。引当金や貯蔵品、掘削、契約形態別の処理、棚卸資産の評価、資産除去債務・減損会計の適用上の留意点等、特有な論点を網羅しています。さらに税務上の留意点、IFRSでの取扱いについても言及しています。

著者:有限責任 あずさ監査法人 編

出版社:中央経済社

発行日:2012.9.25

体裁:A5判・464頁

定価:4,400円(税抜)

目次

第1編 経営
第1章 エネルギー・資源事業について
第2章 電力業
第3章 ガス業
第4章 石油業

第2編 会計・税務
第1章 電力業
第2章 ガス業

第3編 監査
第1章 監査概論
第2章 電力業における監査の留意点
第3章 ガス業における監査の留意点
第4章 石油業における監査の留意点
第5章 業種別内部監査の実際
第6章 公認会計士監査と内部監査の連携状況
第7章 公認会計士監査と監査役(監査委員会)監査の連携

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

日本基準のトピック

IFRSのトピック

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン