業種別アカウンティング・シリーズ II 4.自動車・電機産業の会計実務 | KPMG | JP

業種別アカウンティング・シリーズ II 4.自動車・電機産業の会計実務

業種別アカウンティング・シリーズ II 4.自動車・電機産業の会計実務

本書は、業種別に業界の動向から会計処理、監査上のポイントまでを詳しく解説する、「業種別アカウンティング・シリーズ II」の第4巻です。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書では、自動車および自動車部品の生産・販売に加え、ディーラー、整備等の広範囲に及ぶ関連産業を持つ自動車産業と、重電・家電・産業機器等、電力を利用して稼働する幅広い製品の製造・販売を事業領域とする電機産業、電機産業のうち高性能化・高精度化した製品を扱う精密機器産業を取り上げています。

また、両産業の特徴、経営課題、取引・内部統制、特有の会計処理、原価計算、IFRS適用に際して直面するであろう課題、グローバル管理上の課題の1つである移転価格税制、監査上のポイント等の主要論点を押さえています。

著者:有限責任 あずさ監査法人 編

出版社:中央経済社

発行日:2012.9.25

体裁:A5判・504頁

定価:4,700円(税抜)

第1編 経営
第1章 自動車・電機産業の概観
第2章 自動車産業の特徴
第3章 自動車メーカーの経営分析
章 サプライヤーの経営分析
第5章 電機産業の特徴
第6章 電機メーカーの経営分析等
第7章 精密機器メーカーの経営分析

第2編 会計・税務
第1章 自動車産業の会計
第2章 電機産業の会計
第3章 自動車・電機産業における税務

第3編 監査
第1章 監査の分類と三様監査
第2章 会計監査の萌芽とその歴
第3章 我が国における公認会計士監査制度の生成とその発展
第4章 自動車・電機産業における会計監査のポイン
第5章 業種別内部監査の実際
第6章 公認会計士監査と内部監査の連携状況
第7章 公認会計士監査と監査役(監査委員会)監査の連携

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信