業種別アカウンティング・シリーズ II 3.保険業の会計実務 | KPMG | JP

業種別アカウンティング・シリーズ II 3.保険業の会計実務

業種別アカウンティング・シリーズ II 3.保険業の会計実務

本書は、業種別に業界の動向から会計処理、監査上のポイントまでを詳しく解説する、「業種別アカウンティング・シリーズ II」の第3巻です。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書では、生命保険業と損害保険業のそれぞれの特徴に触れながら、業界の歩み・動向、国内外の法規制、リスク管理、保険会社特有の決算報告制度、主要業務プロセスとIT統制、勘定科目体系、期中および期末時の会計処理、保険契約準備金の計上実務、IFRS保険契約の動向、内外監査の枠組みと保険監督等の主要テーマを取り上げています。

記述にあたっては、多様な要素からなる保険業を鳥瞰するとともに実務の参考となるよう、テーマを厳選して基本事項をわかりやすく解説することを心がけました。

著者:有限責任 あずさ監査法人 編

出版社:中央経済社

発行日:012.9.25

体裁:A5判・532頁

定価:4,700円(税抜)

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

日本基準のトピック

IFRSのトピック

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信