CFOの実務(第2版)

CFOの実務(第2版)

本書は、企業の最高財務責任者であるCFOならびにCFOを支える経理・財務部門のミドルマネジメントと実務担当者および経営企画担当者を対象に、財務に重点を置いた経営戦略を推進するにあたっての指針をまとめています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

第2版となる今回の改訂では、成長戦略とグローバリゼーションという2つのテーマを前面に打ち出し、日本企業のグローバル化へのサポートおよび複雑化する経済環境を切り拓くソリューションを提供するべく、構成を含めて全面的に内容の見直し、入替を行いました。具体的には、グローバル人材の採用・育成、グローバルM&A・事業展開、国際税務、グループ経営管理、IFRS、内部統制、リスクマネジメントなどにおけるCFOの役割と実践すべきテーマを解説しています。
執筆には、あずさ監査法人とKPMGグループ会社の財務、会計、税務、リスクマネジメント、そしてコーポレート・ファイナンスなど、各分野の第一線に立つプロフェッショナルが総力をあげて取り組みました。

著者:あずさ監査法人/KPMG 編著

出版社:東洋経済新報社

発行日:2012.4.18

体裁:A5判・本文475頁 (出版社公式ページ数488頁)

定価:4,600円(税抜)

目次

第1章 グローバル経済の中での新たなCFOの役割
第2章 成長戦略とCFOの役割
第3章 財務戦略とCFOの役割
第4章 グローバル事業展開とグループ経営管理
第5章 グローバル税務戦略
第6章 ディスクロージャー制度
第7章 IFRSとその導入
第8章 内部統制制度
第9章 リスクマネジメント
第10章 日本企業のグローバリゼーションとCFOの役割

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

東洋経済新報社

日本基準のトピック

IFRSのトピック

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン