国立大学法人会計の実務ガイド(第3版) | KPMG | JP

国立大学法人会計の実務ガイド(第3版)

国立大学法人会計の実務ガイド(第3版)

本書は国立大学法人発足時に、国立大学法人会計の実務に資することを目的として刊行されました。第3版となる今回は、減損会計の導入、資産除去債務に関する会計処理の導入等、「国立大学法人会計基準」等が大きく変化していることを受け、大幅な改訂を施しています。また、設例や図を追加し、複雑な部分については特にわかりやすく解説しています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

著者:有限責任 あずさ監査法人 パブリックセクター本部 編

出版社:中央経済社

発行日:2012.2.15

体裁:A5判・本文444頁 (出版社公式ページ数476頁)

定価:5,000円(税抜)

目次

第1章 単式簿記から複式簿記へ
第2章 一般原則
第3章 資産・負債・純資産の概念
第4章 費用・収益・その他の概念
第5章 認識および測定
第6章 財務諸表の体系
第7章 貸借対照表
第8章 損益計算書
第9章 キャッシュ・フロー計算書
第10章 利益の処分または損失の処理に関する書類
第11章 国立大学法人等業務実施コスト計算書
第12章 附属明細書および注記
第13章 国立大学法人等固有の会計処理
第14章 連結財務諸表
第15章 附属病院会計

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信