IFRSの基盤となる概念フレームワーク入門

IFRSの基盤となる概念フレームワーク入門

IFRSを適用するにあたり、その基盤となるIASBの概念フレームワークを理解することは必要不可欠といえます。本書は、このIASBの概念フレームワークの内容を3部構成でわかりやすく解説しています。また、対応する米国および日本の概念フレームワークとの違いについても言及しています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

目次

第1部 概念フレームワークとは
第2部 財務報告のための概念フレームワーク2010
第3部 概念フレームワーク・プロジェクトの動向

フェーズA 目的と質的特性
フェーズD 報告企業

著者:有限責任 あずさ監査法人 IFRS本部 編

出版社:中央経済社

発行日:2012.1.20

体裁:A5判・240頁(出版社公式ページ数256頁)

定価:2,800円(税抜)

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

IFRSのトピック

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン