不正防止のための実践的リスクマネジメント | KPMG | JP

不正防止のための実践的リスクマネジメント

不正防止のための実践的リスクマネジメント

本書は、不正の防止・発見を目的とした不正リスクマネジメントの整備・運用の取組みについて、可能な限り、実務的に重要とされるポイントを示し、事例等を交えながら経営管理と一体となった実践的なリスクマネジメントの取組みを解説したものです。

関連するコンテンツ

書籍紹介

著者:有限責任 あずさ監査法人 著 株式会社KPMG FAS 監修

出版社:東洋経済新報社

発行:2011.7.14

体裁:A5判・269頁(出版社公式ページ数272頁)

定価:2,600円(税抜)

目次

第1章 経営管理と一体となったリスクマネジメントの必要性
第2章 不正リスクマネジメントフレームワークの概要
第3章 統制環境
第4章 リスクの予防的コントロールと継続的プロセス
第5章 リスクの発見的コントロールと継続的プロセス
第6章 不正調査・不祥事対応
終章 不正リスク管理の浸透に向けて

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

東洋経済新報社

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信