監査役会設置会社

監査役会設置会社

監査役会設置会社とは、3人以上の監査役から構成される監査役会を置く株式会社です。

関連するコンテンツ

会社法上、監査役会は3人以上の監査役から構成され、そのうち半数以上は社外監査役でなければなりません。しかし、監査役会は必要的機関というわけではなく、委員会設置会社を除き、定款の定めをもって監査役会を設置することができるとされます。
監査役会を設置するためには、その前提として、取締役会設置会社である必要がありますが、取締役会設置会社が監査役会を設置するメリットの1つは、それが剰余金の配当等を取締役会の権限とするための要件の1つとなっており、取締役会の決議により剰余金の配当をすることが可能になることといわれています。

公開会社(その発行する全部の株式について譲渡制限が付されている株式会社以外の譲渡制限が付されている株式会社)は取締役会を設置しなければなりませんが、委員会設置会社を除き、監査役も設置する必要があります。これは、所有と経営の分離が図られることの多い公開会社においては、株主に代わり、取締役の業務執行を監督する専門機関として、取締役会とともに監査役が必須の機関とされているものです。

また、公開会社であって、かつ、大会社である株式会社は、委員会設置会社を除き、監査役会を設置する必要があります。これは、監査役による監査を組織的に実施し、その実効性を高めることが目的です。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン