生物多様性 | KPMG | JP

生物多様性

生物多様性

生物多様性とは、地球上の多様な生命のあり方と、それらが形作る自然環境の多様性を意味する用語であり、遺伝子、種、生態系の3つのレベルでとらえられます。

関連するコンテンツ

遺伝子の多様性は、同一種内の多様性、例えば穀物や家畜の品種の違い、個人の血液型や目の色の違い等を決定付ける遺伝情報の多様性を指します。種の多様性は、ある地域内の生物の種数を指します。地球全体では、学問的に確認されている生物種数はおよそ175万種ですが、実際の種数は300万から1億種とも推定されており、膨大な数の未確認種がいると考えられます。また、生態系の多様性とは、砂漠、森林、湿地、山地、湖沼、河川、農業景観などの景観の多様性とも言い換えられます。

このように、生物多様性は階層的な概念であり、そこに含まれる様々な生物間および環境との相互作用がもたらす生態系サービスは、人類の生存基盤を提供しています。一方、人間活動に由来する近年の世界的な生物多様性の衰退は人類福祉や持続可能性に対する脅威であるとの認識が広まり、気候変動と並ぶ重要課題として注目が高まっています。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信