第3回 南アフリカ(ヨハネスブルグ証券取引所)における事例にみる統合報告の成功要因と課題

第3回 南アフリカ(ヨハネスブルグ証券取引所)における事例にみる統合報告の成功要因と課題

未来を拓くコーポレートコミュニケーション - 連載の第3回目となる本稿では、統合報告への取組みに乗り出そうとしている企業、そして少しでも自社の報告のクオリティを改善したいと考えている企業の皆様のご参考となるよう、統合報告が制度化されている国、南アフリカの経験にみる統合報告の成功要因や課題をレポートします。

関連するコンテンツ

本稿は、KPMGが発行しているレポート“Integrated Reporting in practice: The South African story”をもとに、加筆修正等をしたものです。

内容

  1. 報告者である企業側に見られた傾向
  2. 情報利用者からのフィードバック
  3. 報告書の開示内容・要素に見る成功要因と課題
  4. 南アフリカの事例にみる統合報告の今後

執筆者

KPMGジャパン 統合報告アドバイザリーグループ
有限責任 あずさ監査法人 統合報告推進室
マネジャー 橋本 純佳

未来を拓くコーポレートコミュニケーション

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン