退職給付会計基準改正への実務対応 - 会計実務から財務リスク管理まで -

退職給付会計基準改正への実務対応 - 会計実務から財務リスク管理まで -

改正退職給付会計基準等では、我が国の退職給付会計の大幅な見直しがなされています。

関連するコンテンツ

例えば、退職給付債務等の算定方法の見直しは、債務額等の金額が変わるだけでなく、算定方法の選択肢も増え、年金数理の専門性が必要と考えられます。また、未認識数理計算上の差異と未認識過去勤務費用の連結B/S即時認識により、未認識項目が大きい企業を中心に純資産額が大きく減少し、IRや格付、資金調達面での影響が生じる可能性があります。さらに、今後、年金資産の運用差損益が、直接的に純資産に影響するため、運営の巧拙が企業財務に大きく影響します。今年発覚した年金資産消失事件の対応も含め企業年金の運営改善が必要になります。

内容

  1. 改正退職給付会計基準等の概要
  2. 退職給付債務等の算定上の実務ポイント
  3. 経営上のリスクへの対応

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
金融事業部 金融アドバイザリー部
パートナー 枇杷 高志

日本基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン