「特別目的会社の連結範囲等に関する検討の中間取りまとめ」の公表

「特別目的会社の連結範囲等に関する検討の中間取りまとめ」の公表

(平成25年3月29日 企業会計基準委員会)企業会計基準委員会より、「特別目的会社の連結範囲等に関する検討の中間取りまとめ」が公表されました。

関連するコンテンツ

本資料は、今後の会計基準の開発に向けた検討に資するよう、我が国において、仮にIFRS第10号「連結財務諸表」の支配の考え方を取り入れた場合に生じ得る論点を、設例を交えて個別に検討してきた現在までの検討状況について、中間的に取りまとめたものとされています。
また、特別目的会社の連結範囲と関連の深い資産の流動化に関する会計基準等の見直しについても、これまでの検討状況を取りまとめたものとなっています。
なお、本資料は、論点整理や公開草案のようなコメントの募集は行われていません。

記載内容

I.これまでの検討の経緯
II.特別目的会社の連結範囲

  1. 特別目的会社に対する支配力基準の適用について
  2. 代理人の取扱いについて
  3. 会社に準ずる事業体について(組合及び信託の取扱い)

III.資産の流動化に関する会計基準等の見直し

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

企業会計の最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン