サプライチェーンにおける水リスクへの対応

サプライチェーンにおける水リスクへの対応

2013年は国連の呼びかけによる「国際水協力年」であり、水資源管理に関する協力というテーマで、1年を通じて様々なイベントが世界で開催される。私たちの生存にとって水が不可欠であるということは言うまでもないが、農産物や工業製品の生産にとっても水は欠かせないものである。

関連するコンテンツ

地球に存在する水のうち約97.5%は海水であり、淡水は約2.5%であるが、淡水のかなりの部分は南極や北極の氷として存在しており、河川や湖沼として存在する淡水は約0.01%に過ぎない 。しかも、利用可能な淡水は地域的に偏在している。既に、水資源の不足は世界的な問題となっているが、今後、人口増加や経済成長に伴う水資源の需要増、気候変動がもたらす水資源の供給への影響などを通じ、水資源不足はますます深刻化すると予想されている。

内容

  1. これまでの日本企業の対応
  2. 増大する水リスク
  3. サプライチェーンにおける水リスクへの対応

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン