不正・不祥事のリスクマネジメント - Managing the Risk of Fraud and | KPMG | JP

不正・不祥事のリスクマネジメント - Managing the Risk of Fraud and Misconduct

不正・不祥事のリスクマネジメント - Managing the Risk of Fraud and

企業の規模、業種を問わず多発する企業内不正。本書は、行動規範の策定、研修の進め方、通報制度の設計と運用、電子情報の収集・分析手法など、不正を防止・発見し、対処するための具体的な知識や手法を紹介しています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

著者:リチャード・H・ジジェンティ、ティモシー・P・ヘッドリー
KPMG FASフォレンジック部門 訳
知野 雅彦 監訳

出版社:日本経済新聞出版社

発行日:2012.6.8

定価:3,800円(税抜)

目次

第 I 部 不正の理解
第1章 資産の不正流用
第2章 財務報告不正

第 II 部 その他不正の種類および違法行為の理解
第3章 贈賄および汚職
第4章 マネーロンダリングと貿易制裁
第5章 政府に対する不正とインサイダー取引

第 III 部 効果的なコンプライアンス・プログラムのフレームワーク
第6章 持続可能な価値のための総合的・包括的なコンプライアンス…

第 IV 部 不正・不適切な行為の管理モデル―予防、発見、対処
第7章 予防:リスク評価
第8章 予防:行動規範、コミュニケーションと研修
第9章 予防:コーポレート・インテリジェンス
第10章 発見:不正・不適正な行為の報告のメカニズム
第11章 発見:監査とモニタリング

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

日本経済新聞出版社

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信