イスラム金融に関する租税措置の導入 | KPMG | JP

イスラム金融に関する租税措置の導入

イスラム金融に関する租税措置の導入

11月16日、「資本市場及び金融業の基盤強化のための金融商品取引法等の一部を改正する法律」(5月25日公布)により行われた、資産の流動化に関する法律(以下、「資産流動化法」)、地方税法及び租税特別措置法等の一部改正が11月24日に施行されることが公表されました。

関連するコンテンツ

この改正により、利子の受領を禁じられているイスラム投資家が投資できるよう、出資型債券(イスラム債(スクーク))として、特定目的信託の社債的受益権に関する規定が整備され、税務上の特例が設けられました。

内容

  1. 社債的受益権の発行スキーム
  2. イスラム投資家の課税関係
  3. 特定目的信託の課税関係
  4. その他の関連改正

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信