「シンガポール証券市場」の解説 | KPMG | JP
close
Share with your friends

アジア上場(1) シンガポール市場

「シンガポール証券市場」の解説

近年、アジアにおける事業展開に際しての知名度の向上、アジア地域で増加している資本へのアクセス等を目的として、アジア証券市場において資金調達を行う事例が増加していているという背景のもと、シンガポール、中国、台湾、香港、韓国のアジア5市場における主要論点を連載いたします。

関連するコンテンツ

第1回目はシンガポール証券市場を特集します。

シンガポール証券市場は、市場の開放性、制度の透明性、様々な税制上の恩典等により、外国企業にとっても魅力的な市場であると認識されています。本稿では、シンガポール証券市場の概要、株式上場基準に加え、日本企業をはじめとする外国企業に固有の論点について解説します。

内容

  1. シンガポール市場の特徴
  2. 上場スケジュール
  3. 上場要件

執筆者

有限責任 あずさ監査法人/KPMG ジャパン
アジア上場アドバイザリーグループ
KPMG シンガポール パートナー Tay Roger(監修)
シンガポール・チームリーダー パートナー 山根 洋人
シンガポール・チーム マネジャー 稲垣 大親

株式上場(IPO)に関するトピック解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信