グローバル法務・コンプライアンスセミナー ケーススタディで学ぶ日本版司法取引制度対応(東京) | KPMG | JP
close
Share with your friends

グローバル法務・コンプライアンスセミナー ケーススタディで学ぶ日本版司法取引制度対応(東京)

転換点を迎えるグローバルコンプライアンス対応に向けて、企業が検討すべき課題やその解決に向けた考え方について解説します。

2018-09-21, 14:00 - 16:30, JST 東京都, 日本

企業活動のグローバル化や事業拡大、国内外の政治・経済情勢の著しい変化に伴い、企業を取り巻くリスクは多様化・複雑化の一途を辿っています。

2018年6月1日に施行された改正刑事訴訟法により導入された日本版司法取引制度では、導入から1ヵ月あまりで適用事例が生じる事態となっています。今回の事例を端緒に、日本版司法取引制度が幅広く周知されることが容易に想像されます。

本制度は、その対象に不正競争防止法を含むため、虚偽表示等に関わる品質コンプライアンスや外国公務員贈賄規制への企業としての対応にも大きな影響を与えることとなります。法規制違反行為等のリスクの把握及び把握後の行動が、企業の命運を決めかねない時代が訪れたといえます。

本セミナーでは、検事としての捜査・公判経験、法務省刑事局総務課における危機管理やマスコミ対応等を活かし、多くの企業不正・不祥事案件の対応・解決に携わってきた早川真崇弁護士とともに、企業のグローバルコンプライアンス体制整備・運用支援に多く携わってきたKPMGのリスクコンサルタントが、企業が検討すべき課題やその解決に向けた考え方について解説します。
 

セミナーのご案内(PDF:268kb)

詳細・お申込みはこちら

※当セミナーは好評につきキャンセル待ちのみの受付となります。
 お席のご用意ができましたら、ご連絡を差し上げます。
※定員:100名(事前登録制、先着順)
※受講料:無料
※対象:法務・コンプライアンス部門、経営企画部門、リスク管理部門、事業部門の方
※開催の1週間前までに「受講票」をeメールにてお送りいたします。
※個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2018年9月21日(金)14:00~16:30(13:30~受付開始)

会場
大手町フィナンシャルシティ サウスタワー 20階セミナールーム

プログラムに関するお問合せ
KPMGコンサルティング株式会社
田口
03-3548-5307
kc@jp.kpmg.com

プログラム

14:00~14:10 ごあいさつ

14:10~15:10 ケーススタディで学ぶ日本版司法取引制度対応
渥美坂井法律事務所 シニアパートナー/弁護士 早川 真崇氏

15:10~15:20 休憩

15:20~16:20 日本版司法取引制度を受けたグローバルコンプライアンス体制の見直しポイント
KPMGコンサルティング株式会社 シニアマネジャー 水戸 貴之

16:20~16:30 質疑応答