収益認識に関する会計基準 業種別セミナー~ここがポイント!業種別の重要論点を深堀解説~(名古屋・浜松) | KPMG | JP
close
Share with your friends

収益認識に関する会計基準 業種別セミナー~ここがポイント!業種別の重要論点を深堀解説~(名古屋・浜松)

【終了しました】各業種に焦点を当て、実務に重要な影響を与えると想定される論点の、設例を交えて基準を解説いたします。(8/8~9/10開催)

2018-09-10, 14:30 - 17:30, JST 愛知県, 日本

このたび、企業会計基準審議会(ASBJ)は「収益認識に関する会計基準」を公表しました。本会計基準の適用により、広範囲の業種において、現行の会計処理から、収益を認識する「単位」、「金額」および「タイミング」が変わり、実務にも大きな影響を与える可能性があります。
本セミナーでは、各業種に焦点を当て、実務に重要な影響を与えると想定される論点について、設例を交えた基準の解説を行うとともに、想定される実務への影響について解説いたします。

詳細・お申込みはこちら

 

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時・会場

機械・電気機器・ソフトウェア・建設・サービス・小売
2018年9月10日(月)
大名古屋ビルヂング 26階セミナールーム
ニッセイ浜松駅前アネックス 7階(※浜松は、名古屋会場からのサテライト中継)

その他製造・卸売
2018年8月8日(水)
大名古屋ビルヂング 5階カンファレンスルームC-D
2018年8月24日(金)
大名古屋ビルヂング 26階セミナールーム
ニッセイ浜松駅前アネックス 7階(※浜松は、名古屋会場からのサテライト中継)

※各回14:30~17:30(14:00~受付開始)

 

プログラムに関するお問合せ
あずさ監査法人 名古屋事務所
水流、岡
052-589-0505
nagoya-seminar@jp.kpmg.com

プログラム

14:00~14:05 開会のご挨拶

14:05~14:20 新基準の適用による重要な影響とは

14:20~15:20 重要論点の詳細解説~設例を通して見えてくる課題とは~

15:20~15:35 休憩

15:35~16:35 重要論点の詳細解説~設例を通して見えてくる課題とは(つづき)~

16:35~17:00 検討すべき実務への影響とは