オープンAPIと金融機関に求められる対応~オープン・イノベーションの促進に向けて~(東京) | KPMG | JP

オープンAPIと金融機関に求められる対応~オープン・イノベーションの促進に向けて~(東京)

オープンAPIに係る規制概要および実務上の論点、具体的なチェックポイントを解説するとともに、APIの活用事例を紹介します。

2018-05-25, 14:00 - 17:50, JST 東京都, 日本

2017年6月2日に公布された改正銀行法に基づいて、新たに電子決済等代行業者に対して登録制度が設けられるとともに、利用者保護のための体制整備や情報の安全管理および財産的基礎の確保などが義務付けられ、一定のサービス提供に当たっては、銀行と契約を締結する義務が課されました。
一方で、金融機関に対しても電子決済等代行業者との連携および協働に関する方針の作成・公表が求められるとともに、電子決済等代行業者との契約締結に係る基準の作成・公表、契約締結内容の公表、基準を満たす電子決済等代行業者に対する不当な差別的取り扱いの禁止やオープンAPI導入の努力義務等が求められることになりました。
本セミナーでは、間もなく施行されるオープンAPIに係る規制概要および実務上の論点について確認するとともに、具体的な契約締結上のポイントや電子決済等代行業者とAPI接続する際のチェックポイントについて解説します。
また、APIを活用した電子決済等代行業者との連携・協働の動向と決済サービスの高度化について、事例を交えて解説します。

 

セミナーのご案内(PDF:299kb)

詳細・お申込みはこちら

※1社3名様迄でお願い致します。

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2018年5月25日(金)14:00~17:50(13:30~受付開始)

会場
あずさ監査法人 東京事務所(大手町) 20階 セミナールームS1・2

プログラムに関するお問合せ
あずさ監査法人
フィナンシャルサービス本部
吉岡
03-3548-5107
financialservices@jp.kpmg.com

プログラム

14:00~14:05 開会のご挨拶

14:05~14:35 オープンAPIに係る規制の概要

14:35~15:05 オープンAPIに係る規制への対応に関する実務上の論点

15:05~15:35 「API接続チェックリスト(試行版)」活用上のポイント~銀行とAPI接続先のコミュニケーション・ツール~

15:35~15:45 休憩

15:45~16:25 顧客接点・UXの変容とオープンAPI

16:25~17:05 APIは未来のATM

17:05~17:45 金融の未来とAPIの役割

17:45~17:50 閉会のご挨拶