財務管理に迫られるデジタル変革 ~XML電文への移行を契機とするFinTech等を活用した業務・資金効 ... | KPMG | JP

財務管理に迫られるデジタル変革 ~XML電文への移行を契機とするFinTech等を活用した業務・資金効率の向上~(東京)

【終了しました】あずさ監査法人では、「財務管理に迫られるデジタル変革」と題してセミナーを開催します。

2017-10-27, 14:00 - 17:00, JST

2020年を目途に、企業は会計システム等のソフトウェアのバージョンアップ・入替え等の対応が必要となります。長年使われてきた企業間の国内送金指図で使用する「固定長電文」が廃止され、「XML電文」へ移行することが計画されているためです。

「XML電文」への移行は、送金指図に付帯可能な情報量の拡大と情報の互換性の向上をもたらします。これは、企業にとって、決済情報に取引の受発注情報を加えた「金融EDI情報」を活用した経理・決済業務の高度化につなげることが可能になることを意味します。

本セミナーでは、まず、「XML電文」への移行と「金融EDI」の導入の背景および概要と企業にとっての意義を解説し、続いて企業財務を取り巻くFinTechを含めた外部環境の最新の動向に関する概要を解説します。その後、具体的な資金管理の高度化に向けた取組み方法について解説し、最後に取引・決済情報のデジタル化を活用した資金調達や資金効率の向上のためのツールについて取り上げます。


詳細・お申込みはこちら

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。
個人情報保護方針

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2017年10月27日(金)14:00~17:00(13:30~受付開始)

会場
あずさ監査法人 東京事務所 飯田橋 3階研修室

プログラムに関するお問合せ
あずさ監査法人 ファイナンシャルサービス本部
吉岡
03-3548-5107
financialservices@jp.kpmg.com

プログラム

14:00~14:05 開会のご挨拶

14:05~14:45 XML電文への移行と決済事務の効率化に向けた金融EDIの利活用

14:45~15:20 企業財務を取り巻くFinTechを含めた外部環境の最新の動向(オープンAPI・ICO等)

15:20~15:30 休憩

15:30~16:00 事務の効率化とコスト軽減(電子記録債権「でんさい」の活用)

16:00~16:30 資金調達(トランザクションレンディング・クラウドファンディング)

16:30~17:00 受発注から決済・債権管理プロセス全体の自動化