収益認識に関する会計基準~日本の実務が変わる?!公開草案が企業に与える影響~(東京) | KPMG | JP

収益認識に関する会計基準~日本の実務が変わる?!公開草案が企業に与える影響~(東京)

「収益認識に関する会計基準」公開草案の公表をうけ、実務担当者向けセミナーを開催いたします。

2017-11-09, 14:00 - 17:00, JST

このたび、企業会計基準委員会(ASBJ)は「収益認識に関する会計基準」の公開草案を公表しました。

本基準は、国際会計基準審議会(IASB)が公表したIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」をベースに、実務上の配慮を加えて作成されたものとなっており、業種・業態によっては実務に大きな影響を与える可能性があります。

本セミナーの前半では、実務に大きな影響を与える可能性がある論点や、多くの企業に影響を及ぼす可能性のある論点を中心に、本公開草案の概要や、現行実務との主要な相違点を解説いたします。また後半では、本公開草案がそのまま基準化された場合に、当該会計基準への対応にあたり、業務プロセス、システムなどの実務に大きく影響を与える内容について、経営管理の視点も絡めながらご説明いたします。

詳細・お申込みはこちら

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。
個人情報保護方針

※その他の日程は下記をご覧ください。

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2017年11月9日(木)14:00~17:00(13:30~受付開始)

会場
あずさ監査法人 東京事務所(飯田橋) 4階研修室

プログラムに関するお問合せ
あずさ監査法人
セミナー事務局(担当:石川・藤本)
03-3548-5120
info-aas@jp.kpmg.com

プログラム

14:00~14:05 開会のご挨拶

14:05~15:00 緊急解説:公開草案の概要~現行実務との相違点を中心に

15:00~15:15 休憩

15:15~16:05 (つづき)緊急解説:公開草案の概要~現行実務との相違点を中心に

16:05~16:15 休憩

16:15~17:00 実務に与える影響~業務プロセス、システム及び経営管理の観点