グローバル法務・コンプライアンスセミナー~実効的なコンプライアンスプログラム構築の3ステップ~(東京) | KPMG | JP

グローバル法務・コンプライアンスセミナー~実効的なコンプライアンスプログラム構築の3ステップ~(東京)

【終了しました】多くの企業の課題であるコンプライアンスプログラムに対する体制整備について、支援実績のあるベーカー&マッケンジー法律事務所とともに解説します。

2017-09-07, 14:00 - 17:00, JST 東京都, 日本

KPMGコンサルティングは、法務・コンプライアンス部門、経営企画部門やリスク管理部門等のご担当者様を対象に、「グローバル法務・コンプライアンスセミナー」を、ベーカー&マッケンジー法律事務所と共催で開催いたします。

企業活動のグローバル化や事業拡大に伴い、企業を取り巻くリスクは多様化・複雑化しつつあります。なかでも、カルテルの摘発により日系企業が支払った罰金総額は数千億円にも達しています。また、新興国等の事業環境を踏まえた贈収賄規制や各種輸出入規制等への現実的な対応は、多くの企業にとって喫緊の課題となっています。その一方、各国規制当局等のコンプライアンスプログラムに対する体制整備が進められておらず、リスクを予防できない、あるいは、リスク発現時の不適切な対応で被害を増大化させてしまう事例が散見されます。

本セミナーでは、多くの企業の法務・コンプライアンス問題の支援実績を有し、日本人で唯一、米国司法省との司法取引において、コンプライアンスクレジット(コンプライアンスプログラムが有効に機能している旨の認定。世界的にも2例のみ)および罰金額の減免を勝ち取った実績を有する、ベーカー&マッケンジー法律事務所の井上朗弁護士とともに、企業のコンプライアンス体制整備に詳しいKPMGのリスクコンサルタントが、企業が検討すべき課題やその解決に向けた考え方について解説します。平時における積極的な取組みが、有事の際に抗弁事由として認められることもあり、企業を守るための重要なポイントをご理解いただく一助となれば幸いです。


ご案内
PDF:465kb

キャンセル待ちご登録フォーム
2017年9月7日開催 グローバル法務・コンプライアンスセミナー~実効的なコンプライアンスプログラム構築の3ステップ~

※当セミナーは満席につき、キャンセル待ちのみのご登録となります。お席がご用意でき次第、順次ご連絡させていただきます。
※ご登録いただき、お席をご用意できなかった場合、もし追加開催が決定しましたら、優先的にご案内させていただきます(追加開催は現在未定です)。
※定員:60名(事前登録制、先着順)
※受講料:無料
※対象:法務・コンプライアンス部門、経営企画部門、リスク管理部門の方
※開催の1週間前までに「受講票」をeメールにてお送りいたします。
※個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。
個人情報保護方針

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2017年9月7日(木)14:00~17:00(13:30~受付開始)

会場
KPMGコンサルティング株式会社 大手町フィナンシャルシティノースタワー 22階

プログラムに関するお問合せ
KPMGコンサルティング株式会社
田口
03-3548-5307
kc@jp.kpmg.com

プログラム

14:00~14:10 ごあいさつ

14:10~14:50 各国当局の最新動向から見る、カルテルリスクの高まりと企業に求められる対応

14:50~15:00 休憩

15:00~15:40 グループ法務・コンプライアンス機能の再構築に向けて~組織・手続設計からテクノロジー活用まで~

15:40~15:50 休憩

15:50~16:40 実効的なコンプライアンスプログラムの実現のために~平時・有事のシームレスな連携から全体最適へ~

16:40~17:00 質疑応答