人事税務セミナー『知らない人事担当者は損をする?!3時間でわかる「米国個人所得税」』(東京) | KPMG | JP

人事税務セミナー『知らない人事担当者は損をする?!3時間でわかる「米国個人所得税」』(東京)

【終了しました】日本企業の人事ご担当者様向けに、米国個人所得税について、日本の税務との違いにも触れながら、わかりやすく解説致します。

2017-05-29, 14:00 - 18:00, JST 東京都, 日本

KPMG税理士法人では、KPMGの人事税務セミナー Vol. 3 『知らない人事担当者は損をする?! 3時間でわかる「米国個人所得税」 ~実際の業務に使える税務ノウハウと、人事担当が知っておくべき米国税務のいま~』を来る 5月29日(月)に開催する運びとなりましたので、謹んでご案内申し上げます。

米国の個人所得税法は、米国が多国籍民族の集まりであることを如実に反映しており、「外国人」や「非居住者」などといった納税者についての規定も、大変細かく定められております。それが、米国の税務は複雑だと言われる所以であり、日本における税務の取扱いとは異なる点が多々ございます。また、米国50州全てが各々の州税法を持っており、連邦税(国税)とは別に、居住州や勤務州、出張先の州などにも申告・納税が必要になる場合がある点も、決して無視はできません。

本セミナーでは、人事ご担当者として今知っておくべき米国個人所得税について、日本の税務との違いにも触れながら、わかりやすく解説致します。

また、昨今帰任後に発生した現地所得税の取扱いについて税務調査等で指摘を受けるケースがみられます。本セミナーでは、米国における帰任前納税の実施の可否、それに伴うコストや工数削減の可能性についてもお話しさせて頂きます。昨年11月の大統領選の結果を受けて、米国の税務は大きな変換期を迎えています。本セミナーでは、政権交代が税務へ与える影響につきましても、海外出向者の人事税務に関連する範囲で触れさせて頂く予定です。

ご案内
PDF:333kb

申込みフォーム
2017年5月29日開催 KPMGの人事税務セミナー Vol3.『知らない人事担当者は損をする?! 3時間でわかる「米国個人所得税」』

※お申込みが定員になり次第締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください。
※セミナー開催日の1週間前頃までに「受講票」をお送りしますので、当日ご持参ください。
※状況により1社様当たりの申込人数を調整させていただく場合もございます。

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。
個人情報保護方針

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2017年5月29日(月)14:00~18:00(13:30~受付開始)

会場
経団連会館 4階 ダイアモンド

ログラムに関するお問合せ
KPMG税理士法人
Sales & Markets
03-6229-8377
taxseminar@jp.kpmg.com

プログラム

13:30 受付開始

14:00 開会挨拶

14:05 トピック

  • 米国個人所得税の概要 ~選択課税による節税効果
  • 本社人事部としての業務 ~赴任前の準備・帰任後の処理
  • 今後の動向 ~新政権による税制への影響
    (*途中15分程の休憩時間を予定しています)

17:00 閉会

~18:00 懇親会