自然資本プロトコルとカーボンプライシングの実務(東京) | KPMG | JP

自然資本プロトコルとカーボンプライシングの実務(東京)

【終了しました】昨年7月、「自然資本コアリション」は、企業向けの自然資本会計の世界共通の枠組みとして、自然資本プロトコルの第1版を公表しました。

2017-02-23, 13:30 - 17:30, JST 東京都, 日本

本セミナーでは、まず、自然資本コアリションのエクゼクティブ・ディレクターであるマーク・ゴーフ氏から自然資本プロトコルの概要と企業による適用事例について解説し、東京都市大学の伊坪教授から、環境影響の貨幣価値換算評価の意義と環境インパクトの貨幣評価方法に関する国際規格であるISO14008の開発状況について解説します。次に、コンサベーション・インターナショナル・ジャパンの名取氏より企業の自然資本とNGOの連携について解説し、KPMGあずさサステナビリティの斎藤から自然資本会計の適用方法の1つであるカーボンプライシングを含むシャドープライシングの実務について解説します。

ご案内
PDF:232KB

申込みフォーム
2017年2月23日開催 自然資本プロトコルと自然資本会計の実務 セミナー申込サイト

※定員:100名(事前登録制)
※受講料:無料
※対象:事業会社のマネジメント層、 環境/CSR/サステナビリティ担当者様
※開催の1週間前までに「受講票」をeメールにてお送りいたします。
※同業の方、上記対象以外の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。

個人情報保護方針

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2017年2月23日(木)13:30~17:30(13:00~受付開始)

会場
あずさ監査法人 東京事務所 飯田橋 4階研修室

プログラムに関するお問合せ
KPMGあずさサステナビリティ株式会社
沼尻
03-3548-5303
sustainability@jp.kpmg.com

プログラム

13:30~13:35 開会のご挨拶

13:35~14:20 Business applications of natural capital protocol- from a technical / practical perspective

14:20~15:05 環境経済評価に関する国際規格(14008)とLCA手法の動向

15:05~15:25 Q&A

15:25~15:45 休憩

15:45~16:25 生物多様性、自然資本、企業 - NGO連携

16:25~17:10 カーボンプライシング・シャドープライシングの実務

17:10~17:25 Q&A/閉会挨拶