統合報告セミナー「投資家との対話に有用な情報とは」(名古屋) | KPMG | JP

統合報告セミナー「投資家との対話に有用な情報とは」(名古屋)

【終了しました】KPMGジャパンでは、「投資家との対話に有用な情報とは -価値創造ストーリーを伝えるために-」と題し、セミナーを開催します。

2016-11-02, 13:30 - 16:00, JST 愛知県, 日本

2015年6月よりコーポレートガバナンス・コードが策定され、企業と投資家との建設的な対話が求められる中、コミュニケーションツールの一つとして統合報告書が注目され、発行する企業が増えています。統合報告書は経営者が将来どのように価値創造を実現するのかを説明するものですが、今、具体的な記載内容についてその質が問われ始めています。
本セミナーでは、基調講演に株式会社りそな銀行 信託財産運用部 企画・モニタリンググループ グループリーダーの松原稔氏をお迎えし、「投資家が評価する価値創造ストーリーとは」と題しご講演いただきます。その後、株主・投資家との対話に有用な情報について、企業並びに投資家それぞれの立場からご自身のご経験やご意見を踏まえてディスカッションをしていただきます。

詳細・お申込みはこちら

※東京会場からの同時中継となります。

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。

個人情報保護方針

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

開催概要

日時
2016年11月2日(水)13:30~16:00(13:00~受付開始)

会場
あずさ監査法人 名古屋事務所 26階セミナールーム

プログラムに関するお問合せ
KPMGジャパン統合報告アドバイザリーグループ
宮嶋
03-3548-5106
integrated-reporting@jp.kpmg.com

プログラム

13:30~13:35 開会挨拶

13:35~14:05 基調講演:投資家が評価する価値創造ストーリーとは

14:05~14:15 休憩

14:15~15:55 パネルディスカッション

15:55~16:00 閉会挨拶