統合報告セミナー 日本企業の統合報告書に関する動向2015(東京4/7、大阪4/13、名古屋4/14) | KPMG | JP

統合報告セミナー 日本企業の統合報告書に関する動向2015(東京4/7、大阪4/13、名古屋4/14)

【本セミナーは終了しました】

2016-04-07 - 2016-04-14, 15:00 - 16:45, JST 東京都, 日本

近年、IIRC統合報告フレームワークの公表をはじめとして、スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コードの制定などに伴い、企業による価値創造、そして、経営者と株主との対話についての議論が活発化しています。このような流れの中、統合報告への注目が高まり、統合報告書を開示する企業が着実に増加しています。

KPMGジャパン 統合報告アドバイザリーグループでは、昨年度に引き続き、統合報告書の開示に挑戦した約200社の開示動向を調査いたしました。その調査結果をご報告すべく、セミナーを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

本セミナーでは、調査結果をわかりやすく解説するとともに、昨今特に関心が高まっているガバナンスやマテリアリティなどについて、統合報告の本質をふまえた開示のポイントを解説いたします。統合報告書を巡る最新動向を知るとともに、今後の実務の改善に向けたヒントを得ていただければ幸いに存じます。

詳細はこちら

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信