ヘルスケアセミナー 第4回 | KPMG | JP

ヘルスケアセミナー 第4回(東京、名古屋、大阪)

【本セミナーは終了しました】

2015-05-14, 9:00 - 17:00, JST 東京都, 日本

あずさ監査法人では、「ヘルスケアセミナー ~2025年病院機能再編に向けた経営管理高度化~」と題するセミナーを、2014年12月から2015年5月にかけて全4回開催しており、第4回は業務管理高度化と法制度改革をテーマとして5月14日に開催します。

第1部においては、経営者・管理者として押さえておくべき、情報セキュリティの現状と対策を説明します。医療機関においては従来から個人情報保護の重要性は叫ばれておりましたが、近年では診療記録や研究・治験データも含めた情報の適切な管理が求められており、もはや事務部門だけで対応できるものではなくなりつつあります。本セクションでは最近の情報セキュリティに関する事件・事故事例に触れつつ、情報セキュリティに関する先進的な取り組みなどをご紹介します。
第2部においては、医療機関における内部統制とその高度化について説明します。過去の重要な医療事故や不正事件を見ると、その原因には内部統制の欠落によるものも含まれます。その点も踏まえ、あずさ監査法人が考える医療法人において必要とされる内部統制について、類似の概念と対比しながら説明します。また、その高度化について、会議体の運営方針や組織構造等、組織全体に影響を及ぼす事項から、医業未収金、固定資産、棚卸資産等の個別の業務に関連する事項まで具体的な改善事例について説明します。
第3部においては、現在改正法案が審議されている医療法人及び社会福祉法人の制度改革について説明します。開示拡張や外部監査義務付け等の経営の透明化、理事会・評議員会等のガバナンスの強化、地域連携包括拠点や合併・分割等の組織統合の促進などの法改正が予定されています。
医療機関を取り巻く経営環境においては、ガバナンス・内部統制の強化・向上に対する期待があります。本セミナーを通じて、弊法人の考える医療機関における内部統制のあるべき姿をお示しし、貴法人の管理高度化の一助になりましたら幸いです。

詳細はこちら

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信