地方自治体の監査委員事務局向けセミナー ~新地方公営企業会計の導入に伴う監査上の留意点 | KPMG | JP

地方自治体の監査委員事務局向けセミナー ~新地方公営企業会計の導入に伴う監査上の留意点(東京:2/24、大阪:2/27、名古屋:3/4)

【本セミナーは終了しました】

2015-03-04, 9:00 - 17:00, JST 東京都, 日本

この度、あずさ監査法人では、「地方自治体の監査委員事務局向けセミナー~新地方公営企業会計の導入に伴う監査上の留意点~」と題してセミナーを開催することといたしましたので、ご案内申し上げます。

地方公営企業には、平成26年度の予算及び決算から新地方公営企業会計が導入され、民間企業並みの会計処理が求められるようになりました。
地方公営企業会計制度の見直しは、地方公営企業を取り巻く環境の変化に対応して、経営革新や経営判断に必要な損益の認識、資産・負債の把握等を正確に行うという社会的要請を踏まえたものであり、地方公営企業の抜本的改革に資するものであるといえます。
新地方公営企業会計の導入により、地方公営企業の財務数値の作成過程が複雑化し、かつ財務諸表の重要性がますます高まる中で、地方公営企業の決算審査に従事する皆様の役割がこれまで以上に注目されているといえます。
この度のセミナーでは、新公営企業会計導入に伴う諸論点のうち、決算審査の実務において直面すると思われる特徴的な論点を取り上げ、分かり易く、かつ具体的に解説いたします。合わせて、監査を効果的かつ効率的に実施するための手法であるリスクアプローチの概念とその適用方法についても解説いたします。

詳細はこちら

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信