投資家は開示情報の何を見ているのか?~戦略的IR/SRの重要性~(東京)

【本セミナーは終了しました】

2016-02-22, 9:00 - 17:00, JST 東京都, 日本

本セミナーでは、投資家が実際にどのような開示情報を重視しているのかについて解説します。成長ステージによって変わる投資家の特性に応じIR/SR戦略をどうすべきか考察するとともに、投資家が開示情報をどのように活用し企業評価につなげているのかについてお話しします。

あずさ監査法人では、“株式上場後の更なる企業成長”をコンセプトに、これまで4回のセミナーを開催致しました。株式上場後、資本市場を上手く活用して成長戦略を実現するには、大きな絵を描き(第1回エクイティストーリーの重要性)、それを支える社内インフラを構築し(第2回KPIの活用による経営の見える化)、優秀な人材(第3回優秀な幹部人材の採用)と必要資金の調達(第4回資本政策の秘訣)を確保することが必要なことを事例を交えて解説しました。しかし、これだけではまだ不十分で、有効に資本市場を活用するためには、適正な株価と一定の流動性を確保することが必要です。どんなに優良な企業であっても、その実態をきちんと投資家に伝えることが出来なければ適正な企業評価を受けることは出来ません。

ご多用中のこととは存じますが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

詳細はこちら

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信