日系企業会計及び税務実務最新トピックスセミナー | KPMG | JP

日系企業会計及び税務実務最新トピックスセミナー(深セン:11/24、蘇州:11/24、広州:11/26、無錫:11/27、上海:12/3、北京:12/5、天津:12/8)

【本セミナーは終了しました】

2014-12-08, 9:00 - 17:00, JST 東京都, 日本

このたびKPMG中国では、日系企業の中国人経理担当者向けに「日系企業会計及び税務実務最新トピックスセミナー」を開催致します。(言語:中国語)

2014年末が近づいて、中国会計年度の期末監査及び年度確定申告の時期を迎えています。
中国における日系企業では管理パターン、企業管理構造と企業文化がよく似ているため、年度決算ではしばしば同じ問題が存在しています。近年、中国関連機構は財務決算に対する管理が強化されるため、財務の仕事が監督管理部門の重点に基づいて調整することが必要です。財務課題は中国における日系企業において関心の高いトピックです。2014年に国家税務総局は、海外への支払に対する税務調査が強化され、固定資産などの企業所得税にかかわる新しい基準が規定されました。

本セミナーでは、海外関連者への支払に関する注意点、移転価格に対する問題、企業所得税確定申告の留意点などをご紹介します。また、2014年に発行された法規のほかに、税務改正に対する今後の展望についても情報提供を行います。日系企業会計及び税務実務最新トピックスをご紹介し、日系企業にお勤めの中国人財務担当者の観点から押さえておくべき問題点を中国語で解説します。

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信