資産運用業界の構造変化と今後の展望 -資産運用市場の国際的な潮流を踏まえた事業戦略-

【本セミナーは終了しました】

2014-12-11, 9:00 - 17:00, JST 東京都, 日本

資産運用業界は、スチュワードシップ・コードの導入やGPIF改革等を通じて、機関投資家の役割を再考すべき時期にあります。アセットマネジメントビジネスの中長期的な経営戦略においては、既存ビジネスの拡大だけではなく、アジア地域ファンド・パスポート構想や欧州ファンド規制など、海外展開も見据えた国際的な潮流と規制動向を把握するとともに、確定拠出型年金の標準化など市場の構造変化を的確に捉える必要があります。

こうした状況を踏まえ、KPMG/あずさ監査法人では、資産運用会社の経営企画部門、商品企画・開発部門等の責任者・ご担当者の方々を対象にしたセミナーを開催いたします。

本セミナーでは、資産運用市場の国際的な潮流と規制動向を概観し、業界における構造的な変化を検証するとともに、海外展開を踏まえたアジア地域ファンド・パスポート構想や確定拠出型年金の標準化など、資産運用業者が将来の事業計画を策定する際に考慮すべき論点につき、具体的な事例を交え戦略的な対応について考察します。

時節柄ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

詳細はこちら

お問合せ窓口

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信