Brexit(英国のEU離脱:ブレグジット)に関する解説 | KPMG | JP
close
Share with your friends

Brexit(英国のEU離脱:ブレグジット)に関する解説

Brexitとは

Brexit(ブレグジットと発音)とは、「英国」を意味する「Britain」と、「離脱」を意味する「Exit」との造語のことで、「英国のEU離脱」を指します。2016年6月23日、英国の欧州連合(以下EU)離脱是非を問う国民投票が実施され、離脱支持側が僅差で勝利し、英国のEU離脱が決定しました。KPMGにおいては、さまざま対外的な情報発信の中で、英国のEU離脱を「Brexit」と表現しています。

2017年12月、英国と欧州連合(EU)は、英国のEU離脱に伴う清算金、在英EU市民・在EU英国市民の権利保障、アイルランド・北アイルランドの国境問題などの離脱条件において漸く合意に達しました。2018年は双方間の通商関係にかかる事前協議や、離脱後の激変緩和を目的とした移行措置などを交渉する第二フェーズの展開が見込まれます。英国のEU離脱まで残すところあと約1年、いま、企業は何に着目し、準備をすべきでしょうか。

ここでは、Brexitに関連する基本的な理解や、ビジネスへの影響に焦点を当て、企業が今後の対応を検討する上で有益と思われる情報を日本語を中心に掲載しています。

 

KPMGジャパンのサポート体制

東京、ロンドン、ブリュッセルを中核とし、KPMGドイツ、オランダ、フランス等のEU各主要国に専門デスクを配置し、国際税務、コーポレートファイナンス、コンサルティングの専門家含む総勢約60名のグローバル三極体制でサービスを提供していきます。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信