Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

KPMGはBrexitに対応する日英欧三極連携専門チームを組成し、日本語による最新情報発信のほか、税務(直接税、間接税)、組織体制構築などの課題解決をサポートします。

Brexitの全体像を把握し、今後の対応を考察する上で、「直近2週間の検討事項」→「2ヵ月後」→「2年後の検討事項」という3つの時間軸(2-2-2プラン)で検討することを提案します。ここでは「直近2週間の検討事項」を中心に、事業活動に与える影響、今後の課題などに関する情報を掲載しています。

Brexit・EU対応専門チーム

Brexit・EU対応専門チーム

KPMGジャパンは、英国、および欧州の日本企業にBrexitに関する最新情報を提供し、今後の事業展開を包括的に支援していくために、日本、英国に加えてEU本部のあるベルギー・ブリュッセルの3拠点を結んだ「Brexit・EU対応専門チーム」を新設しました。

Brexitが及ぼす影響と英国の離脱シナリオとは(3) - 今後検討すべき対応事項

本編では、「今後検討すべき対応事項」に焦点を当て、日系企業が検討すべきこと、準備すべきことや、商機の捉え方などについて考察します。

 
続きを読む

Brexitが及ぼす影響と英国の離脱シナリオとは(2) - EU離脱のシナリオと特徴

本稿では、英国が今後模索する交易モデルの選択肢および特徴について解説する他、英国財務相が発表したマクロ経済分析についても言及します。

 
続きを読む

Brexitが及ぼす影響と英国の離脱シナリオとは(1) - EUの歴史と主な枠組み

EU創設の背景や、経済的な規模、基本理念としての「人・物・資本・サービスの移動の自由」などの基礎的な情報について解説します。

 
続きを読む

Forewarned and now forearmed - KPMGの間接税インパクト診断ツール

KPMGはEU離脱が与える間接税への影響について、実数化や詳細の分析をサポートするツールを開発しました。

 
続きを読む

ソーシャルメディア