Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

KPMGはBrexitに対応する日英欧三極連携専門チームを組成し、日本語による最新情報発信のほか、税務(直接税、間接税)、組織体制構築などの課題解決をサポートします。

Brexitの全体像を把握し、今後の対応を考察する上で、「直近2週間の検討事項」→「2ヵ月後」→「2年後の検討事項」という3つの時間軸(2-2-2プラン)で検討することを提案します。ここでは「直近2週間の検討事項」を中心に、事業活動に与える影響、今後の課題などに関する情報を掲載しています。

Brexit・EU対応専門チーム

Brexit・EU対応専門チーム

KPMGジャパンは、英国、および欧州の日本企業にBrexitに関する最新情報を提供し、今後の事業展開を包括的に支援していくために、日本、英国に加えてEU本部のあるベルギー・ブリュッセルの3拠点を結んだ「Brexit・EU対応専門チーム」を新設しました。

Forewarned and now forearmed - KPMGの間接税インパクト診断ツール

KPMGはEU離脱が与える間接税への影響について、実数化や詳細の分析をサポートするツールを開発しました。

 
続きを読む

A New Brexit Dawn for the UK Economy

国内市場の見通し、インフレーションや為替レートの見通しの例示のほか、ストレスシナリオの分析を盛り込んで概説します。

 
続きを読む

Brexit(英国のEU離脱)のおよぼす影響と今後の展開

Brexitがおよぼす影響について、税務の観点から考察するほか、EU離脱に関する手続き等概説いたします。

 
続きを読む

英国のEU離脱による年金制度への影響

Brexitの現状および影響について、企業年金制度に与える影響、およびそのスポンサー企業、トラスティ、制度加入者の今後の対応等について説明しています。

 
続きを読む

ソーシャルメディア