Brexit(ブレグジット:英国のEU離脱)に関する解説

2017年6月8日、英国では総選挙が実施されました。メイ首相の与党・保守党は第一党を維持したものの、過半数議席を確保できませんでした。今後のEUからの離脱交渉に影響を及ぼすものと思われます。


ここでは、Brexitの基本的な理解や、ビジネスへの影響に焦点を当て、企業が今後の対応を検討する上で有益と思われる情報を日本語を中心に掲載しています。また、KPMGのサポート体制もご紹介いたします。

Brexit・EU対応専門チーム(PDF:252kb)

Brexitナビゲーター:EU離脱までのロードマップ(PDF:588kb)

KPMG専門家による日本語字幕付き動画

KPMG専門家による日本語字幕付き動画

英首相は2017年3月29日、EU離脱を欧州理事会に正式に通達しました。50条発動に伴い、遅くとも2019年3月末に英国はEUを離脱します。これに伴い、今後考えられる変化や、企業が準備すべきこと、英国のEU離脱がグローバル事業を展開している企業に及ぼす影響などについてKPMGの専門家がインタビュー形式で考察します。

Brexitに関連するタイムライン

Brexitと英国を取り巻く状況をテーマに、欧州の状況、英国の主要貿易相手国、英国とEU加盟国との関係などについて考察します。

 
続きを読む

Brexitをめぐる今後の英国のEU離脱シナリオと課題

どのようなシナリオでEUを離脱するのか、EU基本理念、EUの枠組みの中でのBrexitの手続きや交渉について考察します。

 
続きを読む

Brexitの背景とその本質について

英国において、2016年6月にEU残留是非を問う国民投票が実施された背景やその本質・影響について4つの視点で考察しています。

 
続きを読む

Brexitと英国を取り巻く状況について

Brexitと英国を取り巻く状況をテーマに、欧州の状況、英国の主要貿易相手国、英国とEU加盟国の関係などについて考察します。

 
続きを読む

ソーシャルメディア

Managing Brexit: risk and opportunity

KPMG英国のサイトで特設ページを公開しています。

 
KPMG英国サイト(英語)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信