Tax 税務 | KPMG | JP

Tax 税務

Tax 税務

KPMGジャパンにおける税務業務の提供は、KPMG税理士法人が担当しています。

KPMGジャパンにおける税務業務の提供は、KPMG税理士法人が担当しています。

選ばれる理由

  1. KPMGのグローバルネットワークを活用し、ボーダレスな専門業務の提供が可能
  2. 各専門業務に精通した、業界トップクラスの税務専門家が多数在籍
  3. 企業のニーズを的確に把握し、実務に即した税務アドバイスを提供

Our Story - Tax 2016

  1. 日本企業による海外企業のM&A増加を捉えたM&A関連サービスの拡大
  2. 多国籍企業のBEPS対応の重要性の高まりを捉えた国際税務/移転価格サービスの拡大
  3. サプライチェーンの構築や再構築の際の関税を含む税コストの最適化アドバイザリーサービスの展開

国際税務/移転価格サービスを通じたBEPS※への対応

OECDによる国際課税ルールの抜本的な見直しに伴い、多国籍企業は国別報告書を提出することにより、その結果として二重課税のリスクが高まっています。
税務リスクの適切な管理は喫緊の課題である一方、海外子会社の経営実態の把握に課題を持つ企業も多く、グローバルな税務ガバナンスは立ち遅れている実情があります。
今後、世界各国の税務当局による情報ネットワークが構築され、各国拠点での損益水準と課税負担がガラス張りになることが確実な中、BEPSへの対応は真のグローバル企業への試金石となりえる課題です。KPMGジャパンでは、日本企業の親会社主導によるグローバルな税務ガバナンス体制を構築することで、厳しい国際競争を勝ち残るための体質強化を支援していきます。

KPMG税理士法人では、各専門業務に必要な専門知識に加えて、クライアントの質問の背景にある課題やニーズを読み取り、本当に必要とされる解決策を提供できる人材育成を行っています。様々な領域で最先端の経験を持つこれらの専門家が、グローバルネットワークを生かして海外の専門家ともチームを組みながら、クライアントのニーズに応え、最高水準の税務サービスを提供いたします。

KPMGジャパンにおける税務業務の提供は、KPMG税理士法人が担当しています。
近年の多国籍企業による濫用的な課税回避行為への世界各国の税務当局による対策など、企業はこれまで以上に企業経営におけるグローバルな環境変化に直面しています。
KPMG税理士法人は、国内外のネットワークを最大限に活用し、税務ガバナンスや業界に関する深い専門知識に基づく包括的な税務アドバイスの提供により、企業の国際的競争力の維持・向上および社会規範遵守を支援しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信