Audit 監査 | KPMG | JP

Audit 監査

Audit 監査

KPMGジャパンでは、会計監査業務をあずさ監査法人が提供しています。

KPMGジャパンでは、会計監査業務をあずさ監査法人が提供しています。

選ばれる理由

  1. 社会の期待に応える高品質な監査を提供するための、役割と責任を明確にした品質管理体制(4つのディフェンスライン)
  2. 企業を取り巻く様々なリスクに対応できる専門性と職業的懐疑心を発揮した監査の遂行
  3. 企業のグローバル化に対応できる多様な人材とKPMGグローバルネットワークの活用

Our Story - Audit 2016

  1. 監査品質の維持・向上のための根本原因分析から始まる改善活動の推進
  2. Data & Analyticを活用した最新の監査技法の適用による、効果的かつ効率的な監査業務の展開
  3. 日本基準に加え、IFRSおよび米国基準に関する高い専門性により日本国内で判断まで完結できる監査体制の確立

KPMGジャパンの社会価値創出に向けた取組み

最先端技術を活用した経済社会の発展に貢献 - テクノロジーイノベーション支援部の設置 -

昨今、IoTをはじめとしたインターネット融合とビッグデータ活用、ロボティクスやAI(人工知能)の先端技術、バイオ・医療等のライフサイエンスの高度化など、世界の産業構造は大きなパラダイムシフトの様相を呈しています。あずさ監査法人は、このような潮流の中で今後重要な役割を果たしていくであろう先端テクノロジーに着目し、「テクノロジーイノベーション支援部」を新設して、この分野に特化した支援活動を推進することにしました。
「テクノロジーイノベーション支援部」では、事業会社や大学内にある有望な技術シーズを発掘していくとともに、事業会社の新規事業創出や投資、事業化計画のための支援も行っていきます。さらに、ビジネス化が見えてきたアーリー段階のベンチャー企業に対しては、「ベンチャーインキュベーションセンター」を通じ、その草創段階からの経営相談や、大企業との事業提携マッチング等をワンストップで支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信